訪問見積り8社で192,240円→97,200円の値引きに成功!

激安の引越し業者が分かった

 

 

急な引越しだと、そもそも訪問見積もりに来てもらえないこともあるので注意!

 

申し込めばすぐに訪問見積もりしてもらえると思いがちです。

 

ですが、引越し日まで日数がないと予約どころか訪問に来てもらえないことがよくあります。。

 

 

※訪問見積もりの予約が一杯!
引越しの予約が取れない

 

引越し業者としては、荷物が少なくて2トン車に積み込める量だというのが分かれば、現場を見ないで見積もり出して予約を取ってくれます。

 

※訪問見積もりをやってない引越し業者もあります。
訪問見積り8社で192,240円→97,200円の値引きに成功!

 

単身者で荷物が少ないと分かれば、引越し業者は訪問見積もりしなくても、金額を出せます。
複雑な荷物がなく、荷物が少ない単身者向けの引越し会社(赤帽など)に任せるのもよい選択です。

 

今回の私の場合は、安全に運んでもらいたい高級家具がありました。
それらの上に荷物を積み重ねることができないので、引越し業者は2トン1台で足りるのか?3トントラックが必要なのか?2トン2台なのか見ないと見積もりを出せないふうでした。

 

私としても、ガラステーブル、ストレスレスチェア、オーダーメイドのタンスを実際に見てもらって、どういうふうに養生してくれるのか提案を聞かないと安心できませんでした。

 

だから、訪問見積もりに来てもらう予約をしたかったわけですが、「営業がその日行けません」と言われたことがあり、驚きました。

 

訪問見積もりの予約が取れないとは、意外でした!

 

現場を見てもらいたいのに急すぎる引越しだと、引越し日に間に合わないケースもありうるのです。

 

対策としては、たくさんの一括見積に申し込んで、対応できる引越し業者から連絡をもらうことです。

 

 

引越し見積もり訪問の準備・掃除、お茶出しは必要か?

 

結論:準備不要です。掃除する必要はありません。お茶も不要です。

 

お茶を出す

 

引越し業者の社員が家に来るにあたり、

・部屋が汚い
・準備は必要か?
・掃除はしておいた方がいいか?
・お茶は出したほうがいいか?

気にする人がいます。

 

ゴミ屋敷だと大手からは断られるかもしれません。

 

普通の部屋であれば、わざわざ掃除する必要はありません。当日運ぶ家電家具、荷物量を見るだけですので。

 

私も特に準備はしませんでした。全部で40分くらいで終わるのでお茶も出さなくていいです。
お茶を出しても営業さんはお茶を飲んでいる時間はありません。見積もりを出して、金額決めて、すぐに次の家に行かないといけないんです。

 

 

業者さんの営業が1日4人、5日来ました。だから、むしろ業者さんが帰ってから掃除しましたよ。
他人がたくさん部屋に入ると髪の毛が落ちたりしますからね。

 

 

女性一人暮らしの場合、女性スタッフ希望もできる

 

女性の一人暮らしの場合、女性の営業に来てもらうこともできます。
部屋に2人きりになるので、気にする人は多いです。問い合わせの段階で「訪問見積もりは女性スタッフ希望」の旨遠慮なく言った方がいいです。

 

私佐藤は男性です。女性の営業に来られて、部屋に2人きり。ちょっと戸惑ったこともあります。

 

 

見積もりは何社取ったら良い?営業を同時に呼んでも良い?

 

見積もりは何社取ったらよいか?については、5社と答えておきます。

 

私の場合、3社目で格安の見積もりが出て来たからです。私は8社の見積もりを取りました。そのおかげで、見積もりが18万円→9万円に下がり、相場が分かりました。

 

引越し業者を同時に呼んで見積もりしてもらうことについては賛否両論ありますが、急ぎの場合、同時に4、5社呼んでヨーイドンで見積もりしてもらうのもまあいいのかなと思います。

 

実際に、私の友達で同時訪問見積もりをやった人はいます。

 

ただ、私はやりませんでした。1社1社呼びました。私は引越し業者がどうやって梱包するのか、どういう人が作業するのか、を確認したかったからです。
しっかり包んでほしい家具を説明しました。

 

説明している時に、別の業者がピンポン押してきたら対応に困るなあと感じました。話をしている時に話をさえぎられて、同じことをまた最初から説明するのは大変です。

 

訪問見積もりの予約を10時ピッタリにスタート!というふうに予約できません。
引越し業者からは「10時〜12時の間に行きます」と幅を持たせて予約させられます。
10時ぴったりに来てもらってヨーイドンで見積もりしてもらうことは不可能だったのです。

 

そこがやりにくいのです。

 

普通の単身引越しで、運び方や家具について説明することがなければ、同時に随時来てもらって、来た業者順に見積もりを出してもらうことはできると思います。

 

 

「その日程では無理」と引越し業者に断られて、焦った!

 

私は

5月25日 引越し見積もり申し込み
5月27日 訪問見積もり2社来てもらう
5月28日 訪問見積もり6社来てもらう
5月30日 本当は5月30日に引っ越したかったが業者決まらず、5月中の引越しをあきらめた。
6月4日 引越し当日

という流れでした。

 

1つの一括見積につき、7〜10社ほど連絡をくれます。

 

なので、20〜30社からメールと電話が入りました。引越し業者からの電話は出ませんでした。メールの返信だけに集中して、訪問見積もりの予約を取れました。

 

見積もりを比較しないと相場が分からないので、とりあえずはたくさんの業者に見積もってほしかったのです。

 

 

192,240円→97,200円に下がった!

 

結論:95,040円(49%)も下がりました!!
激安引越し業者が分かった

 

相場は、見積もりを8社取ってみることで分かりました。
満足できる値引きしてもらうには、最低でも4社は見積もりを取ったほうがいいと考えます。
■見積もり・相場比較表

いつ 業者名 見積もり金額

1社目
5/27日曜15時

アート引越センター 183,000円

2社目
5/28月曜10時

ベスト引越サービス 192,240円

3社目
5/28月曜15時

引越のプロロ 111,240円

4社目
5/28月曜16時

アリさん 177,120円

5社目
5/28月曜17時

ホームワーク 183,600円

6社目
5/28月曜18:30

ガッツムービング 97,000円
※最安値

7社目
5/29火曜12時

サカイ 178,200円

8社目
5/29火曜17時

アート引越(2回目) 150,000円
(決定!)

9社目
5/30水曜12時

アップル引越センター 116,640円

 

3社目で11万円台が出てきました。1社目の40%引きの値引き率です。
全く相場が分からない中で、1社目18万円、2社目19万円と出て来たので、18万円前後が相場なのかと思っていたところでした。

 

6社目ガッツムービングで9.7万円が出てほぼ半額!50%の値引きになるのかと驚きました。
後で知りましたが、ガッツムービングは格安・激安業者として評判です。
荷物が少ない単身引越しに特に向いています。

 

7社目のサカイに、これらの見積もりを見せましたが、178,200円の提示でした。ウチは対抗できないと言われました。

 

8社目、再度アートに来てもらいました。アートは養生の内容、どんなスタッフが来るかを明確に言ってくれたので、私はアートは高すぎるがアートに頼みたいなと思っていました。2社の安い見積もりを見せたら金額が変わるかな?と思い、再度見積もりしてもらいました。

 

鋭意交渉して、「ほんとにここまで、税込15万円でどうですか?」と言われました。一度考えたかったので、その場は帰ってもらいました。

 

9社目に、評判がいいと聞いていたアップル引越センターに来てもらいました。アップル引越の提案もとても良かったです。どういうスタッフが来るか、どういう梱包、運び方をするか説明・提案が良かった上に、116,640円を提示してきました。この内容で11万円は安い!(1社目と比較して40%の割引率!)

 

アップルは今伸びているこれからの業者です。よい評判を実際に聞いていましたし、いい実績を積んで伸びていきますと営業さんは言っていました。

 

迷いましたが、総合的に判断して、今回はアート引越センターにお願いすることにしました。

 

アップル引越センターは安心感がありました。次回以降、アップル引越センターも相見積もりは必ずお願いしてみようと思っています。

 

 

1社目にアート引越センターにやってもらいたいなと思ったわけですが、そこで値引きの話をしても割り引いてもらえません。
「即決するから割り引いてください!」と言っても、183,000円→18万円にしてもらうとかそのくらいです。急ぎの引越しだとなおさら金額は下がりにくいです。

 

結局、引越し見積もりの値引きとは、ライバル会社(他社)と比較しないと金額は動かないのです。

 

 

折り返しの連絡をメールでもらうの必須

 

一括見積を申し込む時に、書いたほうがいいことをお知らせします。

 

それは「メールで連絡ください」の一文です。

 

メールで連絡くださいと書かないと電話が鬼のようにかかってきます。そこでまたいちいち荷物量などを聞かれて説明する。これはとても面倒くさいです!

 

メールで連絡くださいと書いているのに、電話をかけてくる業者はいます。

 

かかってきた電話は放置しておけば問題ありません。

 

ここでポイントなのが!

 

要望に応えてもらえる引越し業者とやり取りすることです。

 

私の要望は、

 

1.電話応対は大変すぎるので、メールで連絡ください。

 

2.訪問見積もりの日時を提案してくれる会社。→カッシーナの高級ガラステーブル、オーダーメイドのタンス、ストレスレスチェアを絶対に傷つけてほしくないと私が申し込み時に書いているわけです。
現場に見に来ないと養生、どういう運び方をするのか分からないはずです。

 

ということでした。

 

たくさん連絡が来た中で、引越し業者の切り分け方

 

1.電話をかけてきた会社は論外。

 

2.デリケートな家具の運び方、訪問見積もりの日時について触れていない返信をしてきた会社は削除。自動返信はもってのほか。

 

こうすることで、やり取りする会社が減りました。

 

これが要望に応えてくれる引越し業者を確保する方法の第一歩です。

 

 

高級家具を見てもらい、運び方を説明してもらった

 

これら3つを絶対に傷つけたり壊したりしてほしくないと思い、実際に私の部屋に来て荷物を見てもらいました。
ガラステーブル
訪問見積り8社で192,240円→97,200円の値引きに成功!

 

オーダーメイドのタンス
訪問見積り8社で192,240円→97,200円の値引きに成功!

 

ストレスレスチェア
訪問見積り8社で192,240円→97,200円の値引きに成功!

 

 

引越し業者は、業者の手違いで家具を壊した場合、補償してくれる制度があることはあります。

 

この手のトラブルは、インターネット上の引越し業者の口コミや評判にたくさん出ています。
これは、引越し業者の評判、クチコミというより、そのスタッフの人間性なので、それを言っても仕方ないと私は考えてました。

 

実際に事前に引越し業者の人と会って、雑に扱うハズレのスタッフを連れてこないよう頼むのがまず第一です。

 

そもそも、家具を購入した時、家具の運送業者はキズをつけることなく運んできてくれました。
同じ運搬なのですから、引っ越しの運搬だとキズがつくなんてことはないのです。

 

キズがつくとしたら、運び出す時に床に落としたとか、他の家具とこすれたとかそういうことです。

 

・床に落とさない丁寧に扱ってくれるスタッフに来てもらえばいいわけです。
・床に落としたり、壁にぶつけた時に大丈夫なような梱包、資材で丁寧にぐるぐる巻きにしてもらえばいいわけです。
・「引越用のトラック」で運んでもらえばいいのです。

 

 

引越し業者を決定した

 

アート引越センターに決定しました。その理由は

 

・当日のスタッフがどんな人が来るか明確に説明してくれた

 

・デリケートなガラステーブルのガラス他、家具をどういうふうに梱包するか明確に説明してくれた

 

・ストレスレスチェア、タンスの上に、他の荷物を積まないよう料金は少し上がるが2トントラック2台確保

 

・私の旧居マンションはアート引越の出入りが多く、私のマンションの引越しを分かっていた

 

・家具も壁も惜しげなく養生してくれるとのことだった

 

・税込15万円まで下げてくれた(割引率22%)

 

・大手は金額が下がりにくい中、ここまで下がった

 

私が決定したのは安心感が一番の理由でした。補償してくれるその内容よりどうやって破損しないようにするか明確に説明してくれたことが大きかったです。養生も惜しげなく使うと言ってくれましたし。

 

私が引越しした6/4月曜日は引越し閑散期のはずで、もう少し下がりそうなものでしたが、そこは仕方ないと考えました、、、

 

アート引越センターの定休日が火曜日なんですよね。アートに頼むとなると、翌日火曜日にずらせなかったので、15万円やむなしという結論になりました。アートは大手なので、定休日をしっかり取っています。

 

アートに頼んで実際どうだったかは、引越し当日のページでお知らせします。

 

というわけで、引越しの見積もりは、相見積もりを取るに限る。相見積もりを取れば半額近くまで下がることが分かりました。
安くても評判のよい引越し業者はあります。

 

比較したからこそ見積もりが安くなりましたし、引越し業者の運び方も分かりました。

 

 

金額が下がりにくい理由

 

私の引越し料金が下がりにくかったのには理由があります。

 

それは、

・高級家具があって手間、資材がかかったこと
・少ない荷物だったわりに、トラック2台だったこと
・タワーマンションからタワーマンションの引越し
だったからです。

 

高級家具の上にダンボールを積めないから、2トン車2台になりました。
人員も1人多くなりました。
家具を巻く資材・緩衝材がかかりました。

 

 

タワーマンションは、荷物の搬出、搬入にエレベーターを使います。
エレベーターがなかなか来なかったりするので時間がかかります。
トラックが1F玄関の前に付けられるのですが、駐禁を注意しながら作業する必要がありました。1人いつも貼り付いている必要がありました。

 

エレベーターも2台しかなく、引越しには居住者のエレベーター利用を邪魔をしないよう1台のエレベーターしか使えないこともありました。

 

搬出もタワーマンション。搬入もタワーマンションということで、荷物量は少ないと言えたのですが、時間がかかると予想されました。
だから、閑散期のわりに金額が下がらなかったのです。引越し当日は丸1日フル、実際に時間がかかりました。

 

 

引越し当日〜アートで引越しやりました!のページに進む